まさのアングラ日記

ふーちゃんのアングラ日記

面白いと思ったことを書く。

はてなブログのカスタマイズで参考にした記事(随時更新)

はてなブログのカスタマイズで参考にさせていただいた記事を紹介させていただきます。著者の皆さん、ありがとうございました。

サイドバーのカテゴリ表示を「階層化」する

【はてなブログ】公式パンくずリストの階層化とカテゴリーのアーカイブ表示を行うブログパーツを作りました - 小さな星がほらひとつ

ブログトップ画面を「記事の一覧表示」に切り替える

はてなブログのトップページを記事一覧ページに変更できた!コピペするだけ!なのに途中つまづいたけどね^^; - 言いたいことは山のごとし(^^)

映画「ターミネーター2」を踏まえた「やりすぎ都市伝説SS(2018年5月18日)」の考察

2018年5月18日、「やりすぎ都市伝説SS」が放送されました。

この記事では、映画「ターミネーター2」を踏まえて、今回の放送を考察したいと思います。

 

まず、放送を見ていない方のために、放送の中で気になった以下2点を簡単に紹介させてください。

  • カッパドキアの地下都市
  •  世界最古の文明遺跡 ギョベクリ・テペ

 その後に、映画「ターミネーター2」を踏まえた、今回の放送の考察を述べたいと思います。

 

カッパドキアの地下都市

この地下都市は、岩盤を削って造られたもので、深さは約100m、内部には8層構造にもなる迷路のような空間が存在しています。

また、この地下都市は、フリギア人により紀元前8~7世紀頃に造られたものであり、敵の襲撃から身を守るために造られたものだと言われています。

しかし、関さんは、この地下都市は、地上から避難しなければならない「もっと強い理由」があったために作られたものであると考え、フリギア人が住むよりも前の古代に造られたものだと言っていました。そして、その「強い理由」には、「古代核戦争」があったのではないかと推測しており、この時代に高度なテクノロジーが存在していたことを示唆していました。

 

世界最古の文明遺跡 ギョベクリ・テペ

この遺跡は、エジプトのピラミッドよりも約7000年も前に造られたものであり、世界最古の文明遺跡といわれています。そして、遺跡には、象形文字や星座の配置などの情報が残されており、この時代に高度な文明があったことを示しています。

しかし、不思議なことに、遺跡の内部には人間が生活した形跡が全くなく、遺跡周辺にもその形跡が全くないそうです。

ここで関さんが言うには、この時代に生まれた高度な文明は、地球外から飛来した何者かが人間に叡智を与えて発生したものであり、この遺跡は人間に叡智を与えたその存在を崇めるために建てられたものだとのことでした。

  

映画「ターミネーター2」を踏まえた考察

カッパドキアの地下都市」、「世界最古の文明遺跡 ギョベクリ・テペ」の2つに共通して考えられるのは、古代には現代よりも高度な文明が存在しており、そこには人間を超越したものの存在があったのではないかと言うことです。

 

この「人間を超越したものの存在」については、番組内で詳細は語られませんでしたが、僕はこれが「ターミネーター」なのではないかと考えています。そして、「カッパドキアの地下都市」や「ギョベクリ・テペ」は、ターミネーターの居住施設だったのではないかと考えています。ターミネーターであれば、暗くて酸素の薄い地下都市でも十分に生活が可能ですし、人間が生活した形跡が見られないのも納得できるからです。

 

つまり、僕が考える、高度な古代文明の発生から衰退までの成り行きはこうです。

古代に、宇宙からターミネーターが飛来し、人間はターミネーターから様々な叡智を受け取った。

その叡智を持って、人間は高度な文明を築いたが、やがてターミネーターとの間に対立が生まれ、核戦争が始まってしまった。

この核戦争には人間が勝利し、人間はターミネーターを地球外へと追いやった。

しかし、それと引き替えに、人間は高度なテクノロジーを失い、核戦争による甚大な被害もあって、やがて古代文明は衰退していった。

 

映画「ターミネーター2」では、人間とターミネーターが対立し、やがて核戦争へとつながってしまう世界の描写があります。

都市伝説界隈では、『世に出ている映画や漫画などの娯楽作品の中には、この世界の真実を暗示しているものがある』と言われており、この映画は、過去に核戦争がおこったことを暗示しているのかもしれません。

 

また、この映画の中で有名な台詞として

「I'll be back.」

 という台詞があります。

もし、この映画が世界の真実を暗示しているとすると、この台詞は「ターミネーターがいつか地球に戻ってくるぞ」という、我々へのメッセージなのかもしれないと、感じざるを得ません。

 

信じるか信じないかは、あなた次第です。

 

DNAに情報を保存できるという話と人間の存在理由について

USBメモリに情報を保存するみたいに、DNAにも情報を保存できるという話を聞いたことがあります。(DNAに動画を埋め込むことも可能だとか。)

 

また、人間のDNAには無意味な情報がたくさん入っているという話もどこかで聞いたことがあります。実はその無意味だと思っていた部分には、すごい重要な情報が埋め込まれているのかもしれません。

重要な情報っていうのは、高度なテクノロジーの情報だったり、この宇宙の真理だったり。

 

この話が本当だとして、じゃあ誰が人間のDNAに情報を埋め込んだのか。

中二病的な視点で物事を考えるともうみんなピンと来てるよね。

そう、人間よりも遙かに高度な知能をもった知的生命体だよね。

 

その知的生命体は、後世に情報を残す記録媒体として何が最も適しているのか、と考えました。

USBメモリ?DVD?いやいや、そんなものじゃだめだ。劣化しないための仕組みが必要だ。」

「生命体に情報を埋め込むというのはどうだ?」

「ほ、ほう、それはナイスアイディアかもしれない。」

「生命体が生き残るためには、知能も不可欠だよな。」

ということで、生まれたのが人間というわけです。

 

じゃあ、人間以外の生き物はいったい何のために作られたのか。

中二病的な視点で物事を考えるともうみんなピンと来てるよね。

そう、その人間を作る試行錯誤のなかで生まれたのが、地球に存在するほかの生き物たちだってことに。

 

 

また、この話を聞いたとき、様々な国で受け継がれる神話を思い出しました。

古代の人たちってなぜか皆、天空の人たちとの関わりを示していますよね。

その天空の人たちっていうのが、人間を作った知的生命体であり、古代人は人間の起源・存在理由を知っていたのではないか。

だからこそ、エジプト人たちは、ミイラを作り、後世にDNAを残すことの必要性を示したのかもしれません。

 

 

じゃあ、その高度な知的生命体は今どこにいるのでしょうか。

もしかしたら、地球人の中に紛れ込んでいるのかもしれないし、全然違う宇宙を旅しているのかもしれません。ただ、いつも地球を見ているということは確かだと思います。

 

と、話をまとめようとしたところで、ちょっと待てよ思いました。

「ちょっと待てよ、地球上には人間よりも生き残ることに長けた生命体がいるじゃないか。核爆発や宇宙空間の中でも生きられる微生物の話を聞いたことがあるぞ。」

ということは、実はその微生物を後世に残すことが本当の人間のミッションであり、人間は単に微生物が生きる環境を整えているお世話係に過ぎないのかもしれません。

近年、地球環境の汚染問題が騒がれ、様々な生物が絶滅の危機に直面しています。

高度な知的生命体がいつも地球を見ているとすれば、恐ろしやなんですけど!!

 

とりあえず、ゴミは分別した方がよいのかな。

 

信じるか信じないかはあなた次第です!

 

映画「日本で一番悪い奴ら」を観た感想

綾野剛の演技が見ていて気持ちいい。

台本に書いてある言葉を発しているんじゃなくて、綾野剛が言葉を発している。

それが綾野剛のすごいところであり、観客は違和感なく物語に集中することができる。

こういう役ができる人はあんまりいないと思っていて、佐藤健もいい演技するよなぁといつも思う。

 

北海道警察の違法行為が映画では描かれていて、これが実話っていうんだから、ウンチみたいな生活してる自分からしたら、夢があって良いよなって思った。

もちろん違法行為はダメですけど。

 

それにしても、柔道一筋だった馬鹿まじめ青年が、あそこまで悪いやつに変貌するなんて、組織の力っていうのは恐ろしいなと思った。

でも、まじめな人ほど、組織の言いなりになって、洗脳されてしまうっていうのはわかる気がする。

組織に入ってこの生活がすべてだと思ってしまって、自分の意思を見失って、いつのまにか生きる屍になってしまう。そんな人生はヤダヤダヤダ!

 

ということで、要は、

このつまらない現実から抜け出したい。

あ~、彼女ほしい。と思わせてくれた映画なのである。

アニメ「オカルティック・ナイン」がおもしろい

occultic-nine.com

 

何がおもしろいかって、

「今、自分たちが見てる世界だけがすべてじゃない」

「まだまだこの世界には、謎なことがたくさんある」

ってことを、感じさせてくれるところですね。

 

 

人間はどこから来たのか、宇宙人はいるのか、死んだらどうなる、魂とは何か、時空は超えられるのか、などなど、

現在、世界中の研究者が研究をしているわけですが、

このアニメも、そういう謎な部分に迫ろうとしている。

 

若干、グロテスクで中二病的な要素が含まれる作品ですが、

興味のある方は観てみては・・・。

最近の休日の過ごし方

最近、休日は映画ばかり観ています。

 

金曜日の仕事帰りにTSUTAYAに寄って、DVDを3本借りる。

そして、土曜日にお酒を飲みながら映画鑑賞。

 

日曜日は、YOUTUBE観たり、録画してた番組観たり、

そして、夕方になって、家の近くの定食屋で夕飯を食べて、

そのついでに、一人カラオケ

 

こんな生活が、4ヶ月くらい続いてます。

 

これって、人生損してるような気がして、時々不安になるのです。

みなさん、休日って何してますか?