まさふみの日記

まさふみの4コマ日記

4コマ漫画、日記、観た映画の感想などを投稿しています。自分にしか作れない記事を模索中です。

戦う心マン

4コマ漫画「戦う心マン」

今日、僕の中の心マンは戦っていました。

他人にとっては何気ないことでも、当の本人にとっては、大きな衝撃に感じることがあると思います。 今日は、そんな大きな衝撃を心に感じてしまったのですが、僕の中の心マンがなんとか弾き返してくれました。「ありがとう!心マン!がんばれ!心マン!」という思いを込めて、今日の4コマ漫画を書きました。

自分が誰かに操縦されているような感覚

4コマ漫画「操縦士」

ふとした瞬間に、自分が自分でないような、自分が誰かに操縦されているような感覚になることがあります。最近では、駅ビルの本屋さんでこの感覚になりました。

MARVELの映画「ドクター・ストレンジ」では、私たちの体を「肉体」と「アストラル体」に分けて扱っていますが、自分の体は何層もの自分が重なって構成されているのだと考えると、SF好きな身としては、ちょっとワクワクします。

今回は、時折感じるそんな不思議な感覚を4コマ漫画にしてみました。

はずかしがり屋さん

f:id:enjoymyblog:20190218223938p:plain
4コマ漫画「はずかしがり屋さん」

先週の日曜日、外は快晴でとても気持ちが良かったので、久しぶりに街中を散歩しました。

商店街の中を歩いていると、子供づれの家族が和菓子屋のおばちゃんと会話をしていました。横を通り過ぎる時、和菓子屋のおばちゃんの「あら、僕ちゃん」という声が聞こえて、その「僕ちゃん」という言葉に懐かしさを感じました。

「僕ちゃん」か。そういえば子供の頃、大人に話しかけられるのが、すごく恥ずかしかったなぁ。 今回は「僕ちゃん」という言葉から想像を膨らませて、子供の頃の思い出とともに、この4コマ漫画を描いてみました。

映画館で「アクアマン」を観た感想

f:id:enjoymyblog:20190217195047p:plain

映画館で「アクアマン」を観たらこんな感じ

 

昨日、映画館で「アクアマン(字幕)」を観てきました。

最初から最後まで、爆発、爆発、アクション、アクションの連続で、映像も綺麗で、キャラクターもストーリーもすごく魅力的で、ヒーロー映画ならではの熱いシーンもあって、大満足の映画でした。

 

僕はF列のセンターで鑑賞したのですが、視界いっぱいに映像が広がって、まるで自分が海の中、いや、宇宙の中にいるかのような感じで、「これこれ、これが映画だよ」と心の中の自分がずっと呟いていました。まだ観ていない方には、是非とも映画館で観ていただきたい作品です。

 

今までは、MARVEL作品のファンだったのですが、DC映画の今後にも注目して行こうと思いました。

3月8日:「スパイダーマン: スパイダーバース」(MARVEL)

3月15日:「キャプテン・マーベル(MARVEL)

4月19日:「シャザム」(DC)

4月26日:「アベンジャーズ / エンドゲーム」(MARVEL)

6月:「X-MEN: ダークフェニックス」(MARVEL)

そして「スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム」(MARVEL)

 今年の映画は熱いです!

 

FUJIFILM X-E3で撮影した雪景色

今週のお題「雪」

f:id:enjoymyblog:20190216163954p:plain

4コマ漫画「雪」

2018年の1月に、人生で初めてのカメラを買いました。「FUJIFILM X-E3」というカメラです。

f:id:enjoymyblog:20190216164428j:plain

FUJIFILM X-E3

 

カメラを買ってすぐのこと。2018年1月22日。

関東は大雪で、街中どこもかしこも雪が積もっていました。

 

家には買ったばかりのカメラ。外は大雪。この2つが組み合わさったらこれはもう「撮るしかないでしょ」ということで、寒い中、人目も憚らず、一人テンションを上げて、パシャパシャと撮影していたのを覚えています。

 

その時に撮った写真をいくつか。

f:id:enjoymyblog:20190216165320j:plain

2018年1月「大雪の公園」

 

 

f:id:enjoymyblog:20190216165406j:plain

2018年1月「大雪の郵便ポスト」

 

 

f:id:enjoymyblog:20190216165531j:plain

2019年1月「大雪の只今」

 

 

f:id:enjoymyblog:20190216165444j:plain

2018年1月「大雪の小道(モノクロ写真)」

 

今年の関東はまだ雪は積もっていませんが、もし雪が積もったらまた、カメラを持って街中をパシャパシャ撮影したいと思っています。

子供は耳たぶがお好き

僕は子供の頃、母親と一緒のお布団で寝ていたのですが、母親の耳たぶを触るのが気持ちよくて、いつもツネツネしていたのを覚えています。 今回は耳たぶをつねられる側の気持ちになって、4コマ漫画を描いてみました。

4コマ漫画「めんどうな兄ちゃん」

兄ちゃんという生き物は、何かとめんどうな時があるんですよね。人がぐっすり眠っている時に、いきなり部屋の電気をつけて、「ONEPIECEの新刊買った?」って聞いてきたり。深夜に電話をかけてきて、「駅まで迎えに来てくれ」って頼んできたり。

でも、そういうズケズケしたところが良い時もあって、休日に引きこもりがちな僕を外に連れ出してくれたり、一緒に服を買いに行ってくれたり。

とまあ、結局兄ちゃんには色々感謝してますが、今回は「兄ちゃんという生き物は何かとめんどうだ」ということを4コマ漫画で表現してみました。



ちなみに今回の4コマ漫画に出て来た兄ちゃんキャラは、「無人島生活20年の男」という設定のキャラです。

無人島生活20年の男「波の音」

無人島生活20年の男「雄叫び」